1998年~2000年までの静岡市近辺をパチンコ屋を中心に振り返る当ブログ。

今回はいこい曲金店

プレイランドいこい曲金店
(現在:解体されて集合住宅が建っている)



1998年頃の設置台数はパチンコ280台、スロット64台の合わせて344台の中規模店。

このホールは現在はない。

いつ潰れたのかも不明だ。

ikoi_magarikane_mikoi_magarikane_n

ここはコンコルド曲金と同じで、ホールと駐車場が一体化した建物だった。

当時はホールと駐車場を一緒に建てるのが流行っていたんだろうか?


コンコルド静岡曲金店(現在のスーパーコンコルド)にも近く、どちらかというとこちらのほうが立地が良さそうだったのだが、あまり客付きが良くないホールだった。

恐らく、椅子がとても座りにくいからだったと思われる。

というのは冗談ではなく、ここは背もたれが硬い三角形の奇抜なデザインで、長い時間座っていられなかったのである。


1998年の交換率はコンコルド静岡曲金店と同じく、パチンコ45個2.27円)、スロットは5枚(等価

当時はこれが一般的な交換率だったと記憶している。

客付きが悪いせいか、新台入替時はそれなりに出してくれる店だったので、当方も新台入替後に限ってよく打ちに行った。

座りづらい椅子のせいでの腰の痛みと、猛暑の折にひときわキツイ冷房に汗じみた背中がひんやりと冷たかった記憶がやけに残っている。